校長からのメッセージ

校長 小林皇司

校長 小林 皇司

新潟県立羽茂高等学校公式ホームページにアクセスいただき、ありがとうございます。

本校は、地域の方々の教育にかける熱き想いから、昭和9年に羽茂専修農学校として創立され、幾度かその名称を変えたのち、戦後の学制改革に伴い新潟県立羽茂農業高等学校となりました。更に昭和24年、農業科に加え普通科を設置したことにより新潟県立羽茂高等学校と改称し今に至っています。南佐渡における唯一の後期中等教育機関として地域が本校に寄せる期待は高く、普通科、農業科、園芸科、家政科を有し、定時制中心校、小木分校、赤泊分校を併設する時代を経て、令和2年より全日制普通科1学級募集とともに、「地域探究コース」「文化教養コース」のコース制を導入し、地域との連携をより一層推進した取組を行います。小規模校であることを教育上のプラス要素に変え、その特長を最大限に活かす魅力ある学校づくりを展開しています。

さて、本校は新潟県佐渡市の南部に位置し、晴れた日には越佐海峡を挟んで対岸に本州の山並みをくっきりと望む風光明媚な土地にあります。日本海の島にあって蜜柑や柿が実る温暖な風土に育まれて、生徒たちは温厚かつ明朗であり、家庭の愛情と地域の教育力により、節度と向上心を身に付けた若者に育ちます。本校は、地域の方々から「挨拶が気持ちのよい学校」「清掃の行き届いたきれいな学校」「進学にも就職にも対応する熱意ある指導をしてくれる学校」「部活動が盛んで活気ある学校」「郷土芸能を愛し、進んで継承する学校」等の評価をいただいております。